AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878


長年デスクトップのPCIスロット用のキャプボを何度も買い換えて愛用して来たのですが、
最近デスクよりSurface Bookで済ませる事が多いので、USBのキャプチャ機器を購入してみました。
AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878です。まんまゲーム配信用。


10年以上前にもNECのスマートビジョンというUSBタイプのキャプチャデバイスを買ったことはあったのですが、アナログの時代にも関わらずとにかく処理落ちがひどくてまともに使えたもんじゃなく、USBキャプチャは嫌煙していたのです が


技術の進歩ってスゲー。ですね。
自分はエンコードの手間を省くためにh264でキャプチャしてますが、
1080p/60fpsだとたまにコマ落ちしたため、720p/30fpsで録画しています。

恐らく他のコーデックを使用すれば60fpsのぬるぬる動画が撮れると思いますが
HDDの容量と、手間暇を考えれば30fpsで十分です。
パススルー機能がついているおかげで自分がプレイしている画面は60fpsですし。

イカのガチマでいえば1試合の時間が5分なので、大体h264でファイルサイズが400MB前後。
うちの環境ではyoutubeのアップロードにかかる時間は大体5分程度なので、しこしこAviUtlでDivXにエンコしてた人間からするとホント良い時代になったなぁと・・・

あと地味にありがたいのが、専用のキャプチャソフトが付属していることですね。
h264の直録画が実現してるのもこのソフトのおかげですし。
今まで長いことアマレコを使ってましたが、ようやくロゴ付きの動画から開放されました。

同様にキャプボの買い替えを検討している方、新たにキャプチャ環境を考えてる方、おすすめです。

■ロックマン集結■

スマブラ組は揃ったし次はゼクスかゼロをお願いします。ゆくゆくはDASHロールちゃんを・・

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大