「 光のお父さん 」一覧

光のお父さん 最終回

書こうと思いつつキャプがだるくて溜まってましたこんにちは。
5~7話ざっくりと。。

お父さんにFCメンバーとして仕事を辞めた理由をさぐるマイディさん。
ついに病気を理由に会社を辞めたことを知る。

この辺りはリアルの話とうまくマッチしてたなぁと・・

 

ついに「新生」の正念場、ガルーダに辿り着き・・・
ギミックについても触れちゃってたので未プレイ勢でこれからの人にはちょっとネタバレに
なってしまってましたね。(ここが無印のキモでもあるので全員初見だと楽しいのですが。)

攻略本で予習してるお父さんの付箋すごい。

そして えっ もうラストダンジョン?
飛びすぎじゃね!?と思いつつ・・・尺の都合ですね、えぇ。。
会社からノートPCでログインするシーンは、
「こんな感じで出先からも出来ますよ」アピールに見えてしまった私は心が汚れている。

そしてエンドコンテンツ、当時最強の敵ツインタニア戦。
マイディさんがツイスター食らいまくってて
「手伝いがツイスター食らってたらクリアできるわけないやん・・・w」
ってなった人、たくさんいるでしょうね(
しかも当時のPT構成ならタンクはナ2じゃないと恐らくムリゲーだったハズ。

2週間も倒せずに停滞している、なんて言ってましたけどこのボスは当時2週間どころではなく
世界で最初に倒したグループ(アメリカの攻略部隊でした)ですら2ヶ月くらいかかっていたハズで
もちろん一度クリア出来た攻略情報が広まってからは難度は下がるのですが
それでもそれなりのチームワークとプレイヤースキルがないとまずクリア不可能なコンテンツでした。

自分のFCもダイブボムでやられ、ツイスターでやられでガチで挑むようになってからクリアできるまで1ヶ月くらいかかったと思います。。
その分、クリア出来たときの達成感はすごかった・・・そんな当時を思い出しました。
(のちに侵攻のネールのカータライズを見てタニアちゃんなんてぬるかったんや、ってなるんですけど。)

ドラマの演出としてお父さんがリミットブレイクで倒したことになってましたが、
弓のLBはパーティーメンバーの回復技なので実際は以下略。

ゲーム内で「お父さん」と呼ぶ告白シーン。笑ってしまった。


最後は仲良くふたりでFF14をプレイする形で終了。
それにしてもまさか7話で終了とは・・もっと続いて欲しかった。。

光のぴぃさん、でぃさんを最終回視聴後に全て一気に読みましたが、製作陣の苦労が・・
マイディさん達をはじめじょびの方々も実際のアクターがただ操作してる時には気にしないような
「キャラの止め」の動作とか苦労話が満載で本当に大変だったんだなぁ・・と。
ブログを読んだ後では解像度が荒いとか文句なんて言えないです。マジで。

マイディさん・スタッフの方々、本当にお疲れ様でした。そして有難う御座いました。

ついでといっては何ですが、よしPのコメントと神対応をみて、
あぁFF14を応援していてよかったなぁとつくづく。
初期ほどがっつりプレイとはいかないにしても、これからもまだまだエオルゼアを楽しませてもらいます!

久々にFCの新メンバー募集したい、そんな気持ちになりました。


光のお父さん2・3話 簡潔感想

第Ⅱ話 光のお父さんが姿を消した

お父さんがFF14を辞めてしまった!?
理由がなんと・・「雪国で自分だけ半そでで恥ずかしい。」

マイディーさんがここレベル7で来れる場所じゃないんだけど・・って言ってましたが
グリダニアからだと北部森林の隣がもうクルザスだから、ぶらーっとしてたらクルザス。
みたいな感じで割と似たような人多かったんじゃないかな・・

またもピンチを息子に救ってもらうもチャットで「あああ」としか喋らないお父さん・・w

キーボードが壊れていてこんなことに(
新しいキーボードを買ってくるまではエモートアクションで会話をしよう!と提案しますw

が 現実的にエモートだけで会話は・・無理ですよ・・えぇ・・・
ソフトウェアキーボードを使うまではいかないにしても、挨拶の定型文とか用意されてるので
本来であればそっちに誘導するべきですね(マジレス

 

第Ⅲ話 光のお父さんにゲームオーバーはなかった

お父さん、オープニング前から死亡。
イフリートはまぁ・・それほどでもないと思いますが。
リアルタイムでベータテストからプレイしてた人間でも最初の蛮神の苦戦はガルーダでしt

さっそく教わったエモートを連打してるお父さんかわいすぎる。

3話は主人公がリアルの仕事がうまくいかない→ゲーム内の父の言葉から勇気づけられる→
無事仕事もうまくいきました!みたいな流れだったので
1話、2話と比べると割りとリアルパート比率多目でしたね。

しかしまったく知識のない野球について1日、2日の付け焼刃で得た知識で選手のモノマネ習得
とかまずありえないし、何よりそこまで接待を美徳としている演出はどうなんだと思ったり。

この辺りのリアル話はドラマ化にあたって作られたオリジナルなので仕方ないんでしょうけど。

次回予告のコントローラー取り上げられて悲しそうなお父さんに吹いたので来週が楽しみです。

 


光のお父さんがやってきた

新ドラマ 光のお父さん-Daddy of Light-
楽しみすぎて、これの感想が書きたくてブログ作り直したのもある(

そんなわけで第1話キャプ付き感想。
(原作はリアルタイムでマイディーさんの更新を途中まで読んでた。)

 
主人公幼少期、お父さんにファミコンとFF3を買ってもらうところからスタート。
お父さん、ファイナルファンタジーが何故か何度読んでも
「ファイナルファンタズィー」になってしまう。大杉さんがかわいい。

劇場版ゲームセンターCXの時も思ったけど、当時のゲームショップ再現してる映像みるだけで
あーあったあったって感じにテンションあがるんですよね・・・!


父も夜中にこっそりプレイ。
主人公が目を覚まして一緒にプレイした思い出の回想からオープニングテーマへ。

オープニングがまた短い尺ながら地味に凝ってるんだ・・・
スタッフさんの本気度が伝わってきます。

 
何年もまともに口をきいていない父親が会社を突然辞めてきた事をFCメンバーに話す主人公。
メンバーたちと話していくうちに父親と一緒にFF3をプレイしていたようにFF14に
父親を呼んで父親に気づかれないように一緒にプレイしようと計画・・w


早速「退職祝い」としてPS4を買って来た主人公。
なんかもうこの時点で笑ってしまいますが、力技最高です。


もちろんソフトはFF14。

お父さん「これは・・ファイナルファンタズィーか。」

今宣伝をかねるなら古いデザインのパッケージではなくFF14onlineの新しい白パッケの方が良くないですか?と思いつつ。
古いパッケージってFFの文字よりA REALM REBORNの文字の方が大きいし・・


主人公がネットゲームについての説明をしながら、キャラメイクを完了。
キャラクターの名前はどうする?と聞くと・・・

お父さん「じゃあ・・・いのうえ。」


!? い、いのうえ?
もっと映画の主人公っぽい名前にしたほうがいいんじゃないかな?とアドバイスした結果


インディ・ジョーンズ。このセンス最高です。


オープニングで幼少期にお父さんが夜中FF3やってたときも「いのうえ」がいたので
会社の同僚なんでしょうね・・・w
そんなこんなでお父さんはひとりでFF14をプレイ開始。


ついにお父さんを召還することに成功した!みんな手伝って!ってなコトでFCメンバーに
協力してもらって※最強の敵「ツインタニア」を父親と一緒に倒すことを決意。
※2013年時点での最強のボス

 
お父さんの動向をチェックしていたメンバーから、お父さんがピンチ!との連絡を受け
かけつけた主人公。一撃で仕留めた演出が入りますが、実際はこんな演出はありません(

助けたものの、無言のままくるくると回りを走って立ち去ってしまうお父さん。

その夜。
「さっき、助けてくれた人がいたんだ。
 でもどうしたらいいかわからなくて・・・お礼が 言えなかった。」

ここで主人公がスッとキーボードを差し出して終了。

はじめから用意しとこうよ!って感じですが、PS勢(当時はPS4はなかったのでPS3勢)は
リアルにキーボード装着率が低く、話しかけられてもチャット出来ないっていう人が
異様に多かったんですよねー・・

しかし途中まで内容知ってるとはいえ、こうして映像化されると
役者さんや声優さんの力もあって、がらりと印象が変わりますね。

ゲーム内のマイディーさんの声はFF14大好きナンジョルノだし!
よしPとソケンさんとひろしとナンジョルノがいてくれれば今後もPLLは安泰です。
モルボルはry

深夜ドラマのせいでリアルタイム視聴をすると翌日辛いのと、時間が短いのが難点。

Netflixでの配信もしてるので興味のある方は是非!
(FF14もレベル35まで永久無料プレイになったので是非~)

 


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大